13歳未満が使用できるAppleIDとは?

最近の修理について

お久しぶりです。

山形市若宮でiPhone修理を行っているアースバレーの土谷です。

最近は、小学生に連絡手段としてiPhoneを預けるお父さんお母さんが増えていますね。

先日も小学生のお子さんに持たせているiPhoneが故障したので修理してほしいというご依頼をお受けいたしました。

最近は、保護者のiPhoneを利用しての高額な課金などの事案も発生しておりますので、お子さんが使える端末を別にするのもいいかもしれません。

但し、端末を別にするだけではなく、別のAppleIDを使用することをお勧めします。

同じAppleIDで使用することのメリット・デメリット

AppleIDを同じ状態にして、Apple製品(iPhoneやiPad等)を使用するのにはメリットとデメリットがあります。

同じAppleIDで使用すると、連絡先データや写真フォルダの内容、その他iCloudとリンクしているものは、同じAppleIDのApple製品で同期します。

なので、お使いのiPhoneの連絡先がAppleID同じiPhoneやiPadに転送されたり、お使い以外のiPhoneやiPadで連絡先を削除するとお使いのiPhoneの連絡先が消えてしまったりします。

さらに無断で、AppleIDに紐づけしてあるクレジットカードでゲームなどの課金を行うことも可能です。

それを防ぐためには、できるだけ自分で使用するAppleIDとほかの家族が使用するAppleIDは別のものにすることをお勧めします。

通常は、AppleIDを設定する画面で「AppleIDをお持ちでないか忘れた場合」とタップすることで、作成することができますが、13歳未満のお子様用のAppleIDはこの方法で作成することはできません。

13歳未満のAppleIDを作成する方法

13歳未満のお子さん用のAppleIDを作成する方法は、お父さんやお母さん若しくは保護者となる方のiPhoneで作業する必要があります。

お子様用AppleIDの作成サイトを開く方法

1.「設定」をタップ

2. 名前の部分をタップ

3. 「ファミリー共有」をタップ

5. 「ファミリーメンバーの追加」をタップ

6. 「お子様用アカウントを作成」をタップ

以上の手順で、お子様用のAppleID作成画面へ推移します。

13歳未満のAppleIDを作成するメリット

  • 新しいアプリを購入する場合、管理者の許可がないと購入できない。(無料も含む)
  • アプリ内の課金ができない。
  • スクリーンタイムを利用することで、お子さんのiPhoneなどの使用時間を制限や管理ができる。(使用できる時間帯やアプリの種類ごとの時間制限を設定する等)
  • AppleIDを設定することで5GBのお子さん用のスペースを確保できるので、iPhoneにトラブルがあった場合に備えて、iCloudの自動バックアップが使える。

あとがき

13歳未満のAppleIDを作成する方法やメリットについて詳しくお知りになりたい方は、お気軽に山形市若宮にあるiPhone修理店アースバレーにお問い合わせください。iPhoneの設定のお手伝いも致しております。(一部有料)

営業日カレンダー

2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休業日